「わたしはモテる」そう口に出して言いましょう

モテカ6つのポイントを現実のものにするには、とても大切なおまじないがあ
ります。
「わたしはモテる」
これがそのおまじないです。
自分にいつもそう言い聞かせましょう。
そう言えるかどうかが、運命のわかれ道になります。
「そんなの信じられない」
とか、
「恥ずかしくて言えないわ」
とか、
「言うだけでモテるなんてウソよ」
とか、否定的になると、モテカは出せません。
モテカは、肯定的に生きる人に与えられます。
モテる女性イコール前向きな女性。
嫌なこと、悪いこと、悲しいこと、怒りたくなるようなこと。
誰にだってそういうマイナスのできごとが起こります。
そのとき、楽天的に考えられるかどうかです。
いい意味に取る。
自分に言う以外に行動も伴わなくっちゃ→出逢いがない 社会人
彼とのデートが彼の仕事で延期。
僕がもし女性だったら、こう考えます。
「時間があいたから、前からやりたかった○○をやろう」
と。
「ひどいわ。せっかく楽しみにしていたのに」
とは、思いません。
自分に起こることは、ぜんぶ肯定しましょう。
だからこそ、日頃から、
「わたしはモテる」
と言うことが大切なのです。
むずかしく考えないこと。すべて、シンプルに考えましょう。
「わたしはモテる」と言うくらい、だれにでもできるはずです。
くつの言い方をすると、だれもがモテ女になれるのです。

モテカ、6つのポイントを教えます

モテカ、6つのポイントを教えます。
①よく気がつく
気配り上手のこと。いろんな場面において、相手がどうしてほしいかをわ
かっている。仕事、恋愛、友人関係など、あらゆるケースで、気がつくこ
と。そうすれば、男性からも女性からもモテる。

②表現が豊か
自分をちゃんと表現できないと、相手の人の気持ちはつかめない。シャイ
だからとか、おとなしいからとか‐遠慮しているからとか、どれも表現下
手であることのいいわけでしかない。もっと自分を主張しましょう。

③男が喜ぶツボを心得ている
大切なのは、男性についての経験が多い.少ないではなく$どれほどひと
りの男性を分析できるか。ひとりの男から、男性一般に共通する点を引き
出せる能力。
モテ力向上を常に意識するならこちら→出会い系アプリ
④トラブルに強い
失恋だとかマンネリだとか不倫だとか、恋にはさまざまな問題が生じる。
でも、そのひとつひとつをクリアできる力を持っていればこわくない。

⑤男を見る目がある
どうせモテるのなら、ちゃんとした男性にモテたい。それには、いい男。
悪い男を見わけられなければダメ。ここで言う「いい.悪い」は、もちろ
ん外見のことだけを指しているのではない。

⑥セックスを研究している
セックスはとても大切。まず、素直にそう思えるかどうか。思えないとし
たら、セックスに対して偏見を持っている証拠。思えたら、あとは研究熱
心かどうかで決まる。

独身女性にも専業主婦にも人気だった雑誌

メディアは、女たちのまさに今、求めている海域に網を広げようとした。『クロ
ワッサン』は他の雑誌より早く、女たちの欲しがっているものに気が付いた。『クロワッ
サン』は「情報誌」になったが、それは『オレンジ・ページ』などに見られる、料
理や家事のノウハウを「情報」として売るわけではなかった。そこでいう「情報」とは、
「私はこう考えています」という、女たちの意見の「情報」だった。
『クロワッサン』は女たちが生き方の模索をするのに必要な、さまざまな女たちの意見、
気持ち、考えを情報として提供する雑誌になる道を選んだ。そして『クロワッサン』とい
う名の船は、女たちの引きずる網とともに、時代の航海に乗り出したのである。
良い相手は早い者勝ち今すぐこちらから→結婚相談所 大阪
他の雑誌に比べて『クロワッサン』の購読者は堅実で生真面目な女性が多かったように
思う。当時の他の女性誌も、多分にフェミニズムの波に乗ってはいたが、雑誌のイメージ
を損なうのを跨踏したのか、『クロワッサン』ほどまでに、泥臭い、ダサい部分まで引き
受けはしなかった。当時、もっと多くの収入を望んで、もんもんとしていた専業主婦たち
がいた。そして一方で、安い労働力を求めている、数々の企業があった。さまざまな世の
中の仕掛けのなかで、女たちは生活を、社会をしくみを変えつつあった。

雑誌『クロワッサン』の魅力

子供を抱えて懸命に生きている女たちの他に、仕事に生きるたのもしいキャリアウーマ
ンもいた。私はそのゴッタ煮の女たちの像こそ、『クロワッサン』の魅力だったのだと
思う。
そこには何より本音があった。時は女の時代だった。女たちが初めはおそるおそる、そ
して次第に声高に自分たちの本音を語り始めた時代である。

「結婚してダダの主婦で終わるなんてつまんないわ」

「女のヒトってまだまだすごーく差別されているって思わない?」
仕事と家庭・・・考えるよりまず行動!→出会い系 サクラいない
「結婚して、子供生んで、子供が大きくなったらパートにでも出て、それで人生終わりな
んてバカバカしいと思う」
「そうよそうよ、女の人ももっと自由に生きるべきよ◎そのためにはまず仕事(キャリア)
を持つべきだわね」
女たちのささやきは地声になり、そのうちにガマンできずに叫び出すものまで出てきた。
「雑誌は時代の子、とどなたかうまいことをおっしゃった」(『クロワッサン症候群』十
四ページ)とあるが、まさに雑誌は時代の子であって、親ではなかった。メディアが大声
で叫びながら広い海に網をかければ魚のとれる時代はもう終わった。

女たちが個人の顔を持ち、自分の名を名乗り、本音を語りたいと思うまでに世の中は熟
してきていた。女たちはもうマスコミの安易な掛け声では動こうとしなかった。自分たち
の手で自分の人生をつかみたいと思い始めていたのだ。

雑誌『クロワッサン』は主婦向けか

当時の『クロワッサン』このバックナンバーを眺めてみて、『クロワッ
サン』は決して主婦から目をそらせていないのではないか、むしろそのターゲットは団塊
の世代の主婦そのものなのではないかと思う。
シリーズ「脱・専業主婦入門」といい、

一三号「訓代初産は危険か?」
一四号「クロワッサンの眼・出産七日前のマご
一七号「ベピーホテル、。ヘピーシッター名鑑」
一八号「子どもからの自立をめぐって」
一九号「脱・専業主婦のための新・家事秘訣集」
一二号「船%の夫たちが家事労働に参加しています」
二三号「新しい生活が私を変えた。がんばれ/、専業主婦(プロフェッショナル・ミセ
ス)」

などの特集を見てもわかる通り、『クロワッサンの射程距離に、主婦は十分入ってい
る。
お話の途中ですが、こちらはとてもおすすめです→結婚相談所 比較
『MORE』や『コスモポリタン』は、どちらかといえばキャリア志向の独身OL向けで
あったと思うし、その対象に主婦も含まれていたとしても、それは今でいうDINKS
(デインクス)(Double Income No Kids)の妻、夫と仕事は持っているが、子供という世帯じみたもの
は持っていない女を念頭に置いて作られた雑誌のように思われる。
『クロワッサン』は違った。『クロワッサン』のなかには、子供をかかえてふうふう言い
ながらも懸命に生きているフツーの女たちがいた。